アロマセラピーとは

アロマセラピー(Aroma Therapy)=芳香療法

レモンやペパーミントの香りを嗅いで気分がスーッとしたり、ショウガやニンニクを調理している香りを嗅いで食欲が湧いたりしたことはありませんか?森林浴をするとすがすがしい気分になりませんか?こういったことも広い意味でのアロマセラピーと言えるでしょう。

アロマセラピーでは“精油”を用います。「精油(エッセンシャルオイル)」は、植物からかなりの手間と神経を使ってその植物の芳香成分を抽出するもので、それらの精油には、抗菌、防腐、抗炎症、抗ウイルス作用などがあり、身体や肌、また心に対してもさまざまな効果があります。
ただし、いくらある症状に期待できる成分が含まれているからといって、使用する人の嫌な香りだったら、良い効果は期待できないでしょう。

アロマセラピーで大切なのは、その症状に期待できる成分+その人、その時の心地よい香りを使用することと私共は考えています。心地よい香りを嗅ぎ、心身がリラックスすることで体の機能がUPし、併せてその精油の持つ成分により免疫力もUpするなどといった働きをしてくれるのが精油です。
精油は薬ではありません。楽しみながら精油とお付き合いする気持ちを大切にしましょう。

アロマコーディネーターとは

アロマコーディネーターとは、「花や草から生まれる香りのエッセンスの知識をもとに、自然の香りに親しみ、愉しみながら、より豊かなライフスタイルを”提案・実現”出来る人」と定義され、家庭内や職場内、ショップでサロンでと、様々な場面でアロマを活かすことの出来る人を言います。

「アロマコーディネーター」は2004年に商標登録を受けた、日本アロマコーディネーター協会のみが認定・使用できるアロマセラピーのライセンス名称です。

香りが心や身体に影響を与えるもの

なぜ“香り”が身体や心に影響を与えるのでしょう。
森林浴で気持ちが元気になったり、腐った食べ物の匂いをキャッチしたり、好きな人の匂いで幸せになったり・・・これらはみんな鼻のおかげです。香りはこんなふうに私たちの心を微妙に変化させたり、生命の危機に対する防御本能を働かせてくれたりもします。
ちょっと難しくなりますが、鼻に入った香りは嗅覚神経を経て、脳の真ん中あたりにある大脳辺縁系に伝えられます。
この大脳辺縁系は人間の記憶や感情に深い係わりを持っていることがわかっています。

外界から受けた刺激が果たして危険なものか、有益なものか、過去の経験や記憶と照らし合わせて素早く判断する、いわば“動物的なカン”を発揮するのもこの大脳辺縁系なのです。その部位に香りが伝わるわけですから、香りが感情の微妙な変化に関係していることもうなずけます。

アロマセラピーの楽しみ方

アロマセラピーの使い方や注意事項を簡単にご案内しましょう。
なお、精油を正しく安全に使うために、用量や用法には充分ご注意下さい。

活用方法

精油について

おすすめレシピ

よくあるQ&A