アロマの活用方法

私たちとアロマセラピー

アロマセラピーの先進国であるイギリス、フランス、アメリカなど欧米諸国では、以前よりアロマセラピーの有用性が認知されており、民間療法として、また時には医療や介護の現場での一つの療法として活用されて来ました。
一方、現在の日本では、精油は「雑貨」扱いであり、通常の使用に規制はありませんが、私たちが自己責任において取り扱うものとされています。

ですが、アロマセラピーで取り扱う精油の成分には、体内に取り込まれると様々な器官や私たちの心理状態に作用をもたらすと言われているものもあります。

そのため、私たちがアロマセラピーを正しい用法で使い、開放感や爽快感を感じ、心身をリフレッシュしていくことはとても有意義であると言えます。

また、この精油の作用を応用し、医師や専門家の監督の下、医療、介護、福祉、スポーツ、ペット関連など、様々な場面でアロマセラピーは活用されています。

生活に香りを取り入れてみましょう

アロマセラピーの基本は、まず自分の好きな香りを楽しむことです。
お好きな香りの精油を選んで、皆さんも試してみてください。

ご家庭でのアロマセラピーの楽しみ方は、おすすめレシピを参照下さい。

アロマセラピーとは

精油について

おすすめレシピ

よくあるQ&A