【9/14(水)】秋季特別セミナー『植物精油の生体への作用メカニズムの検証』



=森先生からのメッセージ=
アロマセラピーは古くから、人々の健康維持に役立てられてきました。
しかしその効果効能は体験や経験に基づいたものが多く、“科学的根拠(エビデンス)に欠ける”という問題点があります。
近年、代替医療として医療機関で使用される頻度も増えつつありますが、使用目的の多くが癒しやリラクゼーションの範疇にとどまっています。
医療現場での活用には、植物精油が病態に及ぼす作用メカニズムの検証が不可欠であり、科学的検証が急務であると言えます。
今回のセミナーでは、関節炎・筋損傷・創傷などの生体モデルに対する精油の作用機序について、
基礎研究の実験データを示しながらご報告をさせて頂きたいと思います。

お申し込みはこちらから

COPYRIGHT © 2012 JAPAN Aromacoodinator Association All Rights Reserved.