第5回理論確認シート

第5回理論確認シート

提出期限:8月8日(日)23:59まで

ご回答の際は別のファイルに下書きをし、こちらのフォームに一度に記入ください。数日にかけて入力するとデータが消えてしまう可能性があります。

受講番号

お名前

心肺機能、血管系などへの運動の効果について、以下の文章の( )にあてはまる語句を記入してください。
  • 運動時のエネルギーは、主として、細胞の中にある( ① )で( ② )や( ③ )を分解して( ④ )を作ってまかなわれるが、この分解の過程で( ⑤ )が必要になる。
  • ジョギングのような比較的長い時間ゆっくりと運動し続けるようなトレーニングによって、( ① )や( ⑤ )を増やし、また筋の中で( ② )や( ③ )を( ⑥ )して( ④ )を作る能力を向上させることができる。
  • 運動時間あたりの運動強度が上がると、エネルギー産生において( ② )の利用が高まり、( ③ )の利用が低くなる。/li>
有酸素性トレーニングのトレーニング効果として、a.~c.から正しいものを選択したものを次のア~カから全て選んでください。
(回答は( ⑦ )に記述)
a.心拍出量の増加
b.ミトコンドリア密度の増加
c.同じ強度での運動中の心拍数の増加選択肢:

ア aのみ
イ aとb
ウ aとc
エ bとc
エ aとbとc
オ いずれも正しくない
有酸素性トレーニングの血液および呼吸循環系に及ぼす影響について述べた次の文章の( )内に当てはまる適切な語句を記入してください。
有酸素性トレーニングによって、血中の( ⑧ )が増加し、( ⑨ )は減少する。
そのため、血液中の( ⑩ )や( ⑪ )の血管壁への沈着を防ぎ、血管の内径の狭小化を起こしにくくし、( ⑩ )も減少させ、( ⑫ )としての沈着も防ぐため肥満を防ぐため肥満も起こりにくくなる。

一方、有酸素性トレーニングにより心容積の増大、( ⑬ )の新生、これらによる血流量の増加、( ⑭ )のサイズや数の増大など、酸素運搬脳能力は向上し、( ⑮ )は増大する。