スポーツアロマと接して

アロマスクール・サロンRAKU(JAA認定校 埼玉県さいたま市)
平井 裕美 さん


はじめまして平井裕美と申します。
今は自分のサロン・スクールRAKUを展開しながらボードショップGALACを通じスポアロケアを提供しています。

私がアロマと出会ってから11年。
スポアロがあったからこそ今の自分がいると思っています。
小学校1年生の時に友達に誘われ始めたバレーボール。同級生7人。誰一人欠けず全国優勝を目指し、仲間たちと青春時代を送り、八王子実践高校に進学、キャプテンを務め埼玉の実業団バレーボールに入団しました。

高校生から何も分からず飛びこんだ実業団。社会人。バレーボールで生活をしていく。楽しくから仕事に変わった瞬間でした。始めたときから監督・コーチ・家族、周りの大人がすべてフォローしてくれる最高の環境でした。実業団に入ってからはすべて自分たちで身体作りを始め、監督と会話をしながら試合構成をしていく。今までの環境からすべて自己責任に変わった実業団2年目、筋力不足とケア不足で私は左膝の前十字靭帯断裂、半月板損傷・膝蓋骨脱臼・軟骨損傷をしました。
そして3回の手術をし、選手生命というよりもスポーツができるの?という最悪の状況でした。リハビリ期間1年以上といわれ、バレーボールしかしてこなかった私。もう人生終えてもいいかな、と本気で思ったとき、スポーツ整形の先生からスポーツアロマを進められサロンに行きました。サロンに入った時の心が落ち着く感覚は今でも忘れられません。痛くされるのかと思ったらそうではなく、今私に必要なアロマを選んでくれてケアをしてくれました。セラピストさんもスポーツが大好きで楽しく運動も続けていて、尚且つケアの大切さメンタルケアの重要さ。スポーツで生活していくスポーツ経済を話してくれました。その時の施術は本当に私の心・身体に響き私は1週間に1回サロンに通いリハビリも毎日通って8ヶ月で運動ができる膝になりましたが、実業団復帰は出来ず引退しました。



私のようなスポーツ選手を増やさないように私も手助けできたらなと思い、アロマセラピストを目指しました。私の中でアロマはエステというイメージが医療に代わり、私たちを後押ししてくれるパートナーになると思いました。
JAAの認定校に通いながら経験を積む為サロンに勤め、スポーツケアの基本を学び今までの経験やノウハウを活かし今までにないくらい勉強し、身体に覚えさせました。またバレーボールをしていた時のようにスポーツを楽しみたいと思い出会ったのが、今、スポアロを提供している現在30年目のプロショップGALACでした。ワールドプロツアーのコーチをしていた店長がスノーボード・サーフィンは自転車と同じ。3歳の子供から80歳ぐらいのおじいちゃんおばあちゃんまで楽しんでやってるよ。と言われ体験したのがきっかけでした。大自然の中で自然の力をかりて楽しむ。初めてスポアロを受けた感覚にすごく似ていました。



私はアロマを受けるのが大好きですし施術するのも大好きです。
だからアロマを知りたくて学びましたしJAAのライセンスを取得しました。スポーツも同じだと思っています。自分が楽しまなければ相手に伝えられないですし、ケアもできません。
これから私たちの子供が成長した時に私のように社会を知らず0からスタートするのではなく、スポアロのような陰で支える人たちが増え、スポアロを通じレクレーションからトップアスリートまで維持のできるスポーツ展開サポートができたらなと考えています。その為には知識はもちろん自らもスポーツ・自然を楽しむことを共感できスポーツ・アロマの可能性が広げられたらうれしく思います。

アロマスクール・サロンRAKU
埼玉県さいたま市南区別所7-10-22-101
TEL:048-866-0044
E-mail:galac@galac.net
URL:http://raku-aroma.net/

COPYRIGHT © 2012 JAPAN Aromacoodinator Association All Rights Reserved.